温度調節できる電子ケトルを買いました。ティファールKO7558JP保温・温度計モニター付き

t-fal
お茶
Pocket

欲しいほしいと思っていた、温度調整機能付きの電子ケトルをようやく手に入れました。

デザイン性の高いおしゃれなものも素敵だけど、毎日使うものだからやっぱり実用性が大事!

ということで、ケトルと言ったらのティファール社から出ているこちらにしました。

ティファール(T-FAL) 電気ケトル 1.2L ブラックジャスティン プラス コントロール KO7558JP

‎ブランド/メーカー:ティファール(T-fal)
製品型番:‎KO7558JP
本体サイズ(約):幅16.0×奥行21.0×高さ23.0cm 重量:約1.15kg(電源プレート含む)
容量:1.2L (満タン時、約コップ8杯)

<特徴>
・7段階の温度調整(‎60℃、70℃、80℃、85℃、90℃、95℃、100℃)
・保温機能(60分)
・お湯の温度をモニターに表示
・みやすい「目盛り付き窓」
・太い注ぎ口
・空だき防止
・自動電源オフ
・ウルトラポリッシュ底面

保温ケトルってオシャレなデザインなものがたくさん作られていますよね。
インテリアになりそうなものとか、ドリップコーヒー向けに注ぎ口が細くなっているものとか。
色々合って迷いましたが、毎日使うものなので実用性重視で選びました。
瞬間湯沸かし器といったら!のティファールです。

保温機能のないティファールのケトルも使ったことがありますが、それと比べるとハンドルのワンタッチボタンはなくなって、片手でカチっと使えるシンプルさはないです。
でも、それ以上に便利機能が充実。
60°C~100℃の温度調節、保温機能、今の温度が目でわかるモニター付き。

t-fal
今の温度が目でわかるってとても便利です。
紅茶の100℃は湧きたてをそのまま注げばよくてわかりやすいけど、70℃~80℃が適温な緑茶や白茶になるとよほど感覚が優れていないと分からないですよね。
(自分の指を突っ込むわけにもいかず)
その点、温度設定・温度表示があると見たままそのままでいけるから安心です。

あえて温度設定機能を使わず、最初に100℃まで沸騰させてからモニターで適温に冷めるのを確認している人もいるみたいです。
水の煮沸が気になる人ならこっちの方がいいかもですね。
玉露を淹れるときなど標準設定温度にない50℃ほどのぬるいお湯が必要なので、そういう時にも使えるテクニックです。

PublicDomainPictures / Pixabay

細かなところだど、注ぎ口が太くて中のお湯の残量が見える透け小窓(?)がついているのも実用的でうれしいです。

そんなわけで、文明の利器による便利機能を得まして、心なしかいつもよりお茶がおいしく感じます。
今までのズボラでテキトーなお茶淹れから一新、より本格的で充実したティーライフが始まることでしょう。

(…次はコーヒードリップ用もゲットしようかな。)

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お茶
ホワイトティー(白茶)のおいしい飲み方!美肌を意識した美容習慣

目次1 ホワイトティー(白茶)の飲み方2 ホワイトティー(白茶)選び方 お茶が美容や健康にいい、なん …

新潟 雪室緑茶
お土産
雪の力で旨味アップの緑茶!雪室熟成「深蒸し茶」越後雪室屋

雪国新潟には「雪室」という、降り積もる雪を利用した巨大冷蔵庫のような施設があります。 関連記事 雪室 …

新潟開港150周年記念コーヒー
お土産
新潟のコーヒーお土産②開港150周年コーヒー・2つの港町から出荷される豆をブレンド、柳都の景色

新潟空港でお土産品を探しているときに新潟開口150周年記念のコーヒーを発見しました。 「そうか、開港 …