東インド会社のアールグレイ:紅茶をきっかけに世界史の勉強、歴史は続くよどこまでも

The east india company
お土産
Pocket

フラっと入ったお店で見たことのないアールグレイの紅茶を見つけました。

なんとなく気になって購入。帰ってからじっくりとパッケージを眺めてみると。

「(The East India Company…東インド会社?)」

え、あの世界史の教科書に載っていた東インド会社の紅茶!?

The east india company

よくよく調べると、半分正解で半分間違い。

世界史の教科書でいうところの東インド会社は財政悪化や独占貿易への非難・植民地支配への反乱など時代の動きに押されて19世紀後半に終焉しています。

その後、2010年に一人の実業家が東インド会社の社名と商標、紋章の使用許可を得て設立したのが今の東インド会社らしいです。

現在でも東インド会社の名を冠した紅茶が販売されているが、これは1978年に紅茶販売のため、紋章院の許可を得て設立された会社である。

2010年、インド出身のイギリスの実業家サンジブ・メフタがイギリス大蔵省に対し「東インド会社(East India Company)」の名称と商標の使用許可を出願し、これが許可されたため、東インド会社は135年ぶりに企業名として復活した。新「東インド会社」はロンドンに店舗を構え、輸入食品や宝飾品の販売を行なっている。(wiki

シンプルに「そんなことができるのか」と驚きです。
ロンドンに店舗があるみたい。
7 Conduit Street の1階にあるそうで、周りはオフィス街らしい。
海外は行ったことがないけれど、機会があったら行ってみたいです。
(もしくはお土産で貰いたい!)

アールグレイティーというとベルガモットの爽やかさをイメージします。
そんな中、こちらではネロリ(苦いオレンジの花)の柑橘フレーバーを一緒に使用。

東インド会社のWebサイトでは、自社のアーカイブ資料にて1793年に東インド会社の植物学者ジョージスタントン卿が中国でネロリを香り付けに使った最初のオレンジフレーバーティーを観察した記録が残っていることから、ネロリをアールグレイの起源として採用しているみたいです。

オリジナルのレシピをリスペクトしてネロリとベルガモットをブレンド。
「西洋の世界がこの上質なお茶を体験することを可能にした男へのオマージュ」として語られており、その名を冠して「ザ・スタントン・アール・グレイ」という名称で売られています。

https://www.theeastindiacompany.com/

The east india company

紋章

The east india company

East India Companyの頭文字をとったECIのロゴ。上の4は”帆”を表しているとのこと。

The east india company
パッケージに描かれているのは当時の最速船”クリッパー”とチャノキの白い花かしら。

中国の茶,オーストラリアの羊毛を欧米の市場にできるだけ早く運ぶ快速帆船は,それぞれティー・クリッパー,ウール・クリッパーと呼ばれた。〈時間をはさみで切り落とすように短縮する〉という意味の〈クリッパーclipper〉には,輸送にかかる時間はできるだけ少ないほうがよいというモビリティの性格がよく表れている。-コトバンク-

東インド会社、世界史の教科書では目にしたけれど、自分とは関係のない、教科書の中だけの話だと思っていました。
こうやって目の前に現れると現実と歴史は地続きなんだなと実感がわきます。
独占貿易、植民地、アヘン、ボストン茶事件、インド大反乱…etc.
ネガティブな側面も色々と多いですが、お茶自体にとって商業的な拡大・東西交流の中で新たな文化が生まれてとても豊かな時代だったのかなとも思います。
令和の日本でこうやって美味しいお茶が飲めるのも、時代が繋いできたどこかの誰かのおかげなのだとしみじみ。

紅茶と世界史、紅茶と貿易の今昔、それぞれの紅茶の起源…etc.
一杯の紅茶をきっかけになんだか色々と深堀りしたくなりました。

日本版通販サイト

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ハリマンクラシックチャイ
スーパーフード
栄養豊富なキャロブ(イナゴマメ)入りのスパイスティー!P&Tハリマンクラシックチャイでぽかぽか元気

目次1 P&Tハリマンクラシックチャイ2 体ポカポカ!体の不調をケア3 スーパーフード「キャ …

八海山雪室 焼酎
お土産
八海山雪室見学・魚沼の里:雪の力で食品貯蔵する雪国の知恵

目次1 八海山雪室見学2 魚沼の里 新潟の食文化を伝えるブランド事業として展開されている「雪室」を活 …

新潟 雪室緑茶
お土産
雪の力で旨味アップの緑茶!雪室熟成「深蒸し茶」越後雪室屋

雪国新潟には「雪室」という、降り積もる雪を利用した巨大冷蔵庫のような施設があります。 関連記事 雪室 …